トップページ > カラーの話 > カラー剤の成分

カラー剤の成分

サロンなどで使うカラー剤にはどんな成分は入っているでしょうか

ヘアカラーをする時に使用するのが染毛剤

通常サロンなどで使用しているポピュラーでお馴染みの、ヘアカラー、白髪染め、ヘアダイ、アルカリカラーなどは酸化染毛剤と言われています。

ご存知の通り酸化毛染剤には1剤2剤がありそれらを混合することで髪毛を染めていきます。

その主な成分にはどのようなものが入っているのでしょうか?

カラー剤・1剤の成分1剤

染料
酸化染料・・・中間体、カプラ―(調色剤)、直接染料(ニトロ染料)などの組み合わせによる染料グループ。現在約50種類を超える染料があり、ひとつの製品は複数の染料の組み合わせで使用されています。

pH調整剤
アルカリ剤・・・アルカリ性から弱酸性までの製品がありますが、一般的には毛髪に残留しにくいアンモニア水が0〜15%くらいの濃度で含まれています。毛髪を膨張させて、染料の浸透性を高めると同時に、過酸化水素の分解を促します。

クリーム基剤
油脂類・界面活性剤・・・セタノールなどの油脂剤、POEセチルエーテルなどの界面活性剤により乳化させ、ねり状あるいはクリーム状の基剤がつくられる。

安定剤
酸化防止剤・・・酸化染料を保存中に劣化させない為に使用される還元剤。システイン、亜硫酸塩など。
金属イオン封鎖剤・・・微量の不純物としての金属は製品を劣化させるので、その防止にエデト酸などをキレート剤として使用します。

香料
香料・・・基剤臭やアンモニア臭をマスクします。

溶剤
精製水・・・各種配合成分を溶かす役割。有機溶剤が少量使用されることもあります。


カラー剤・2剤の成分2剤

酸化剤
酸化剤・・・過酸化水素。日本では6%までの配合が認められています。酸化染料を酸化して、重合発色させるとともに、毛髪のメラニン色素を分解して脱色します。

pH調整剤
酸性化剤・・・一般的にはリン酸が使用されます。過酸化水素はpHが高くなると不安定で分解しやすくなるため、製品保持のために酸性にして安定に保ちます。

乳化基剤
油脂類・界面活性剤・・・界面活性剤と油脂類の組み合わせによりローション状あるいはねり状の基剤にまります。

安定剤
フェナセチン・・・過酸化水素の安定剤として使用します。

溶剤
精製水・・・各種配合成分を溶かす役割。有機溶剤が少量使用されることもあります。

1剤、2剤ともにいろいろな成分が入っていてかなり専門的で難しいですね。簡単にまとめると…

1剤は、基剤(クリームやエアゾールな)に
中間体、カプラー、アクリル剤を混ぜ込んだもの

2剤は、基剤に
過酸化水素を混ぜ込んだもの

と考えることができます。

(参考・引用書籍:shinbiyo marcel 2007/07号)




▲Pagetop