トップページ > カラーの話 > カラーの染まる仕組み・半永久染毛剤・ヘアマニュキア

カラーの染まる仕組み・半永久染毛剤・ヘアマニュキア

半永久染毛剤のヘアマニュキュアの染まる仕組みとメリット、デメリット

ヘアマニュキアは1剤式のヘアカラーで、酸性カラーなどとも言われています。

酸化染毛剤とは全く違うもので、医薬部外品ではなくて化粧品に分類されています。ヘアマニュキアは基剤(クリームやジェルなど)に「酸性染料」を混ぜ込んだものです。

染料の種類と役割染料の種類と役割

「酸性染料」は分子が大きいために毛髪内部には浸透しないで毛髪表面にイオン結合して染色されます。この染料は「−」に帯電しているので、毛髪が「+」になっている状態(pHが低い状態)のときに良く染まります。

ヘアマニュキュアは酸化染毛剤のようにジアミンによりアレルギー反応などを起こすことがないので酸化染料剤で染めることができない方も染めることができるメリットがあります。

反対に毛髪に染料が付着しているだけなので、酸化染毛剤に比べて色落ちがしやすくメラニンを分解できないため(ブリーチ作用がない)黒髪を染めてもはっきりとした色味が出にくいというデメリットがあります。

半永久染毛剤・ヘアマニュキュアのメリット・デメリット

 メリット    酸化染料剤で染めることができない人が染めることができる
 デメリット  黒髪を染めてもはっきりとした色味が出にくく、皮膚にそまりやすい

カラーの染まる仕組み・半永久染毛剤・ヘアマニュキア

(参考・引用書籍:しんびようマルセル2009年・3月号)




▲Pagetop